RenAi@(恋愛アット)

性欲・性的興奮で信頼関係を向上させるメカニズム、研究で判明したパートナーとの関係改善方法

人生における男女のパートナー関係おいて「セックス」は絆を深めることにつながる。これについては近年のセラピストも、そして仲の良い関係を築けている夫婦も同じことを言います。

また、日々のお互いの関係を改善し、より良い仲を築いていきたいという場合、もっともアドバイスされることに「もっとパートナーとコミュニケーションを取る」と言った方法が挙げられるでしょう。

相手の話を良く聞く、お互いにお互いの言うことを聞く、優しくし合う、家事や子育てをお互いにこなす、など。ですが、パートナーとの関係を改善する方法に有効なものの1つに「セックス」が挙げられることも多いのです。

パートナーとの関係を改善する方法に「セックス」や「性的興奮」は本当に有効?

過去、研究者たちは「男女のパートナーが、セックスについて考えるだけで関係改善につながる」との指摘を、度々挙げています。

配偶者や恋人といったパートナー同士であるならば、お互いにセクシーだったり、エロチックなことを考えることによって、自然と心を開き合うことにつながるというのです。

男女のパートナー同士が心を開き合うことで、自然と自分自身の情報を相手と共有することになり、結果としてお互いの絆、信頼が増していくと言う指摘がなされています。

人の「エロチックさを刺激する」研究で明らかになったこととは?

イスラエル・私立大学ヘルツリーヤ学術センターが過去に行った研究では、異性愛者計245人を対象に聞き取り調査などを実施。初デートの食事や場所、服装などの質問の他、被験者たちに複数の写真を見てもらった。

その中には、エロチックさを刺激するものとして異性が裸になっている写真などが含まれていました。その後、被験者たちが魅力的に思える初対面の人と個人的な話をチャットアプリを通じて、行うようにしてもらいました。

別の研究では、参加した被験者たちの半数に映画「ポワゾン(原題Original Sin)」のセックスシーンを見てもらい、残りの被験者たちには猫が登場する映画を見てもらった後、それぞれの参加被験者たちに自身の性別と異なる被験者と対面させ、自分が恥ずかしかった過去の体験を話すようしてもらいました。

この他、別の研究では、半分にわけた被験者たちにそれぞれ、カップルが性的な接触をしている動画、カップルが自らの気持ちについて話している映画などを見てもらい、そのあと、魅力的に思える初対面の人と気恥ずかしい自身の過去の話をチャットアプリを通じて話してもらう実験を実施。

この研究では、最終的にチャットを通し、話した初対面の相手とデートをしてみたいと思うか?という質問も実施しています。

研究で判明した「性欲・性的興奮で信頼関係を向上させる人間のメカニズム」

Image Credit:lovers bed / Pixabay
Image Credit:lovers bed / Pixabay

上記の複数の研究では、人のつながりと性的なものの関連性に関して、いくつかの事柄が明らかになったと報告されています。まず、これまで人の「性的興奮」は魅力あるパートナーとセックスを始めるための道筋の1つであると考えられていました。

ですが、今回のヘルツリーヤ学術センターの研究結果では、「性的興奮」は、人間の感情的な絆・信頼をつくりあげていくことに大切な要点になっている可能性を指摘されています。

性的な刺激があることで、人は個人的情報を自身から相手に開示し、相手を信頼していく事が判明

今回の研究では、性的な刺激を受けた被験者たちは男女関係なく、より多くの個人的情報を自身から相手に開示し、その相手がチャットアプリ越しの相手でも「デートしてみたい」と考える人が多い結果になっています。

この研究を主導した研究員の一人・グリート・ビルンバウム准教授(心理学)は、性的興奮は人々が信頼関係を構築するためにつくられていることを示唆しており「性欲によって人はコミュニケーションを活発に図る」と述べている。

さらに、グリート・ビルンバウム准教授は、カップルや夫婦などパートナー関係を築けている場合「お互い、セックスについて考えるだけで感情の親密さが進展し、信頼関係などにおけるポジティブなサイクルが始まるだろう」と話しているのです。

人は性的な刺激により、個人的な情報を打ち明ける要点が生まれ、お互いに信頼関係向上の糸口となっていく。互いに好意を抱いている場合なら、相手と自分の情報や感情を共有し、より多くの愛情を感じることにつながるというのだ。

「性欲・性的興奮で信頼関係を向上させるメカニズム」を応用し、パートナーとの関係を改善できる

ビルンバウム氏は、この「性欲によって人はコミュニケーションを活発に図る」メカニズムを、パートナーとの信頼関係を深めることに役立てられるだろうと報告し、次のようにアドバイスしています。

「この「性欲によって人はコミュニケーションを活発にする」メカニズムを知った上で、コミュニケーションする相手に気をつけ、自身の恋愛や結婚生活が充実することに活用するべきです。パートナーのシグナルを察知するようにし、相手がロマンチックな雰囲気にあるように見えたら、今が積極的にコミュニケーションを図るタイミングだと感じとるべきかもしれないのです。」

なお、相手がロマンチックな雰囲気にあるように見えた時に、結婚生活やお互いの関係における深刻な問題を話題にあげるのはタブー。ロマンチックな雰囲気にある相手の良きリスナーとなり、話をしっかり聞いてコミュニケーションを図ることが良いという。

さらにもっと良い方法は、相手がロマンチックな雰囲気にあるように見えたら、自身もセクシーな雰囲気をつくりあげる事だそうだ。パートナーと感情的に距離があると感じているのなら、その時こそ、関係を改善するチャンスかもしれない。

お互いがオープンになりはじめ、ムードを共有できていると感じたら、迷わずセックスをすること。それだけで、2人の関係における親密度や信頼度を増大させることに繋がっていくと、ビルンバウム氏は指摘しているのです。

▼ この情報をシェアできます ▼
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

Follow Me @renai_at


キーワード